• 佐藤 和弘

金沢医科大学病院看護部リーダーシップ研修Day1で講演


2015年からのキャリアデザイン研修に加え、昨年からリーダーシップ研修も担当。さらに、今年は8月のリーダーシップ研修Day2でも講演する予定で、今回も7時間研修という本気度。


問題解決は正しい【問題】を設定することに尽きるが、正しい【問題】を設定するには、正しい【現状】を把握し、正しい【あるべき姿】を描くことに尽きる。そして、そのためのキーワードが「概念ではなく行動(映像)」で表現すること。現実世界は3D動画でできているのだから、現在の現実世界(現状)をどのような未来の現実世界(あるべき姿)に変えたいのかを、①現地現物、②ロールプレイ、③文明の利器(スマホの動画や画像)で表現することが重要である。


したがって、これでもかというくらいに、透析現場の様々な具体例に引き寄せ、1人ロールプレイをしまくることによって「やってみて、言って聞かせて、させてみて」を体現した。10年の現場経験が生きる瞬間である。


研修後は、変革リーダーの方々と膝を付き合わせて綿密な実行計画の議論。それぞれの熱い想いを受け取りながら、巨大組織が動いていく理由をあらためて実感した。

© 2013 by Kazuhiro Sato