• 佐藤 和弘

鐘ヶ丘ホームノンテク研修Day12で講演

今回も、単に問題解決の「伝える」発表ではなく、「伝わる」プレゼンを通じた「自部署自慢大会」を開催。さらに、ただ自部署自慢をするだけではなく、学びを共有してもらったお返しとして、他部署からのギフト(承認)の贈り合い。


それに対するヨソ者からのギフト(教訓)は、プレゼンテクニックをいろいろと。普段はプレゼンに関する講演はしていないが、プレゼン=舞台ではなく、プレゼン=利用者さんやご家族、他のスタッフ、地域などへの伝わるコミュニケーションであれば大歓迎。「?→!へ」「ギャップ萌え」など、いくつかのキーワードを通じて、プレゼンテクニックを紹介した。


「なぜ、このように部署が集まって組織学習するのか、それは他の部署の問題解決事例から『パクる』ためです。ノンテクはパクり文化大歓迎。それで全員がハッピーになればいいんですから」


最後は、トップからなぜボトムアップで問題解決していってもらうことが大切なのかを、実際のスモールウィン事例を用いて共有。ヨソ者は、あえてヨソ者でしか言えない「トップのジレンマ(海のスイカ割り)」を説明するとともに、これからのマクロ環境の過酷な変化に適応するために、全部署がヨーイドンでやり始めなければならない問題解決とそのやり方のエッセンスを共有した。


Day11までがあるから、このようなボトムアップの問題解決を通じた学習する組織がつくれる。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの