top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

鐘ヶ丘ホームノンテク研修Day13で講演


今回は全体研修とリーダークラス研修の2部構成。前半は、業務改善に関する問題解決事例を2事例共有してもらい、それぞれについてグループごとに良かった点や参考になった点などを見つけ、全体共有。そのなかで、ヨソ者から「変化に適応することの大切さ」などに関する知恵をおすそ分け。


その後、AIやロボットなどのテクノロジーと共生する介護現場(業務)の【あるべき姿】をイメージしてもらうセッション。そのうえで、ヨソ者から、AIを理解するための3つの視点である目(認識)、手足(運動)、口耳(言語)についての簡単な説明の後、お決まりのセリフを共有した。


「テクノロジーと共生する現場を誰かが作ってくれるのを待つのか、そうではないですよね。自分たちで【あるべき姿】を描いて作っていってください」


後半のリーダークラス現場では、人材マネジメントの全体像を理解したうえで、現在取り組んでいる問題解決がどこの大木に当たるのかを整理してから、これからどこの大木を育てていって欲しいのか、トップからメッセージ。そのなかで、トップとリーダーの方々との対話セッションが行われた。


組織変革において、トップとリーダー含めた現場スタッフとの「対話」は極めて重要。そのうえで、そのような対話の場における、ヨソ者の存在価値は何なのか。それもまた、当事者にしかわからない世界である。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page