• 佐藤 和弘

鐘ヶ丘ホーム&龍生園合同ノンテク研修(通称ノンテク道場)Day6で講演

Updated: Jul 11, 2019


今回は、外部からノンテク後輩施設が3施設参加。


両方の施設から選ばれたリーダーが、施設の代表者として問題解決事例を共有し、外部施設のリーダーの知恵も加えて経験学習。点と点の距離が遠いほうがイノベーションが生まれる。だからこそ、多施設合同という多様性の経験学習の価値がある。


これは、平時の業界である医療介護施設だからこそできること。もし熾烈な生き残りをかけている業界であれば、自法人の競争優位性の材料になる教訓をおすそ分けなんてできる余裕はなくなる。


この多様性経験学習によって、4つの問題解決事例に対して、それぞれに3グループからの複数の教訓と、講師からの3つずつの教訓が共有され、実質1.5時間弱で数十の教訓が共有された。


この選ばれたリーダーの役割は、自己成長だけではない。それぞれの現場に持ち帰って、ほかのスタッフに共有し、問題解決に適応しなければならない。したがって、残りの時間を使って、本日学んだ教訓を1枚の紙にまとめる「お土産セッション」を実施した。


多施設合同の多様性経験学習を行うのは、それができる状況にある、今のうちがチャンス。やったもん勝ちである。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの