• 佐藤 和弘

龍生園ノンテク研修リーダー研修Day13&幹部研修で講演

リーダー研修では、法人ビジョンを前提にして、それぞれの組織の「あるべき職員像」を具現化。よくありがちな「◯◯できる職員」といったように、概念レベルで洗い出して終わるのではなく、そこからそれを業務の場面での行動(映像)レベルに落とし込む。具現化といったのは、それを演技を通じて表現するからだ。全体共有は、まさに劇団のように迫真の演技。それは利用者の方と職員の方がそこにいるかのような擬似体験ができるほどリアル。問題解決とは、まさにこういうリアルをいうのであって、これを理解すれば概念レベルの議論がいかに漠々な議論であるかがよくわかる。


幹部研修は、この具現化されたあるべき職員像を参考にしながら、人を動かすマネジメントの森のなかの1つの木に選択と集中。その木を育てるために必要な議論を踏まえて、概念の具現化と意思決定力を高めていった。


このように、双方のクラスがGive & Giveの関係で問題解決を行うのがあるべき姿。あくまでも、組織変革は総力戦の世界である。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの