top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

龍生園幹部研修Day4(ノンテク研修Day16)で講演


龍生園幹部研修Day4(ノンテク研修Day16)で講演。今回も双方向型オンライン研修。


前回は「有事の意思決定」だったが、今回は「平時の意思決定」。オンライン研修の「リアル研修における時間的・空間的な制約からの解放」というメリットを生かすことによって、臨機応変に有事と平時の意思決定について、トップマネジメント層とヨソ者で議論することができる。


今回の平時の意思決定のテーマは、超重要テーマ。「選択肢」→「判断基準」→「優先順位づけ」を繰り返しながら論点を絞った後は、その論点に関わる「主人公の立場を擬似体験」することで臨場感(手触り感)を高め、意思決定の精度を高めていった。

Recent Posts

See All

スタッフとの信頼関係を大切にしながらも、その信頼関係にこだわりすぎない

同じムラ(組織)で生活をともにする以上、スタッフ間での信頼関係は大切です。誰しも毎日を穏やかに過ごしたいでしょうから、「この人は私を裏切らない」「この人は私をわかってくれている」「この人なら心を許せる」といった信頼関係のあるスタッフと一緒に毎日の業務を行いたいはずです。 ただ、同じムラの住民でも、特に組織変革を担うリーダーの立場だと、この信頼関係というのは悩ましいジレンマだと言えます。というのも、

もし、組織全体で学べる(使える)フレームワークがたった1つだけだったら、どのフレームワークを選びますか?

「もし、組織全体で学べる(使える)フレームワークがたった1つだけだったら、どのフレームワークを選びますか?」 個人学習と組織学習は異なる世界です。個人学習であれば自分の意思で時間を確保し自由に学びを進めることができますが、組織学習となると、スタッフ一人ひとりの時間を確保し足並みを揃えて学びを進めなければなりません。 そのような状況のなかで、あれもこれも学ぼうとすると、どれもこれも身につかないという

bottom of page