• 佐藤 和弘

龍生園管理者研修Day3で講演

Updated: Jul 11, 2019



これまでの管理者として育ててきている木々。それらが植えられている「表の森」がどうなっているのか(人を動かすマネジメントの全体像)を学んだあとは、六本の木(要素)すべての現状の棚卸し。そうすると、そこに木が植えられている意味や、それをどう育てると、どう他の木に影響していくのかがよくわかる。この森では、


一本目の大木>>>>>二本目の大木>>>>>残り四本の木


と言えるほど、一本目の大木と続く二本目の大木の重要性は高い。他の四本の木はすべて、突き詰めるとこれらの大木に行き着くからだ。


「表の森」の正しい理解と、これら六本の木の正しい育て方を学ぶことが、いずれくる熾烈な競争環境で生き残る「変化に適応する組織」として抜きん出ることができる。本気で学習する組織だけが、そのことをわかるだろう。

Recent Posts

See All

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演しました。研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)で、テーマは「人材マネジメントに必要な仕組みと問題解決」。 テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係や問題解決とは何か、ノンテクニカルスキルの重要な個別スキル、2種類の問題解決、そして問題解決の六大大陸(世界地図)に関して確認し、人材マネジメントの全体像や空気のマネジメント

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演しました。群馬県には、心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの4つの県立病院があります。 研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)、テーマは「ノンテクニカルスキルの基本的な考え方と医療現場での使い方」ー多職種で学ぶ組織で問題解決する技術ー。 ノンテクニカルスキルの重要な個別スキルを学び、グループで問題