top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

龍生園&鐘ヶ丘ホーム合同研修(ノンテク道場)Day7で講演

それぞれの施設から選ばれた各2チームが問題解決事例を紹介し、それをもとに外部参加者とともに振り返り教訓の引き出し。加えて、ヨソ者が元々持っている知恵と問題解決事例の内容を食材に、即興で調理し料理(教訓)を提供。これによって、たった2時間で膨大な量の教訓が引き出された。最後は、それらを自施設に持ち帰って他のスタッフにも味わってもらう「お土産」づくり。


パクり文化大歓迎のGiveの世界のなかでは、教訓はいくら多数の施設に分けても減ることはない。それどころか、返報性によって、さらにGiveの世界が広がり教訓が増えていく。だから、このGiveの世界のなかで膨大な量の教訓を享受している施設は、自施設だけでは相当な年月がかかる取り組みをリープフロッグしていくだろう。


これが、Giveの世界を知る施設だけの特権である。

Recent Posts

See All

群馬県病院局のノンテクニカルスキル新人編で講演しました

先日は、群馬県病院局(心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの県立4病院)のノンテクニカルスキル新人編での講演のため、群馬県庁へ。 メインセッションは、問題解決プランの作成と学び合い。 「本当の答えは現場にしかない」 つまり、現場の半径5メートルを知る人しか本当の答えを見つけることはできないので、当然ながら、ヨソ者(講師)は本当の答えを伝えることはできません。できるのは

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Comments


bottom of page