• 佐藤 和弘

AIと共生する現実世界へジャンプするために

現場で起こる様々な問題が人間の「生物」としての問題である以上、AIと共生する現実世界へジャンプするしかない。


それが一向に実現に向かわないのは、組織でその【あるべき姿】を描かないから。


ただ待つのではなく、未来は自分達でつくる。

© 2013 by Kazuhiro Sato