• 佐藤 和弘

M視聴のススメ


自分の講演動画の確認依頼があり、今回も「M(マゾ)視聴」を実施。「M視聴」は、聴講者の視点でプレゼンを確認できるだけでなく、自分を自分で見つめる恥ずかしさを克服するためにも有効です。ですので、皆さんも文明の利器(スマホ)を使って自分のプレゼンを撮影し、M視聴を実施してみてください。


そのうえで、プレゼンのテクニックにおいて重要なのが、「話す時間」だけでなく「話さない時間」、つまり「間」。プレゼンのストーリーに聴講者を「乗せて」行く時に、そのタイミングを提供するために「間」が大切だからです。たとえ話のテンポが早かったとしても、適切に「間」を提供すれば、体感的にはそれほど早くは感じません。


一般的に、プレゼンターや講師にとって「間」は恐怖ですが、「間のマネジメント」を訓練してみてください。

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験