• 佐藤 和弘

OXに基づいたDXを考えていく


例に漏れず、医療現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)は今回の有事によって加速するでしょう。ただ、それはオンライン診療だけでなく、実はオンライン研修など人材育成がきっかけになる可能性があります。なぜならば、人材育成はあらゆる現場医療者が対象になるからです。


組織変革で決定的に重要なことは、「スタッフがスモールウィンを実感すること」です。過去の小さな成功体験が未来の小さな成功体験をつくるための動機づけになり、組織変革を推し進めることができます。組織というムラ社会の変革は、いくら村長がトップダウンで意思決定しても、住民1人ひとりにそれに基づき行動してもらえなければ実現できません。


この観点において、今回の有事での対応として親和性の高いオンライン研修を新たな人材育成の環境として導入することで、多くのスタッフにスモールウィンを実感してもらうことができれば、組織全体でテクノロジーの導入への納得感が高まり、それをきっかけに他の領域へのテクノロジーの導入につながることで、医療現場のDXを加速させていくことができると考えています。


あくまでも、医療現場は組織が基本単位である以上、組織変革(OX)なしにDXは実現できません。したがって、OXに基づいたDX(さらに言えばOXに基づいたCX)を考えていくことは、多様性や不確実性の時代も相まって、ますます重要になってくるでしょう。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と