• 佐藤 和弘

OXに基づいたDXを考えていく


例に漏れず、医療現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)は今回の有事によって加速するでしょう。ただ、それはオンライン診療だけでなく、実はオンライン研修など人材育成がきっかけになる可能性があります。なぜならば、人材育成はあらゆる現場医療者が対象になるからです。


組織変革で決定的に重要なことは、「スタッフがスモールウィンを実感すること」です。過去の小さな成功体験が未来の小さな成功体験をつくるための動機づけになり、組織変革を推し進めることができます。組織というムラ社会の変革は、いくら村長がトップダウンで意思決定しても、住民1人ひとりにそれに基づき行動してもらえなければ実現できません。


この観点において、今回の有事での対応として親和性の高いオンライン研修を新たな人材育成の環境として導入することで、多くのスタッフにスモールウィンを実感してもらうことができれば、組織全体でテクノロジーの導入への納得感が高まり、それをきっかけに他の領域へのテクノロジーの導入につながることで、医療現場のDXを加速させていくことができると考えています。


あくまでも、医療現場は組織が基本単位である以上、組織変革(OX)なしにDXは実現できません。したがって、OXに基づいたDX(さらに言えばOXに基づいたCX)を考えていくことは、多様性や不確実性の時代も相まって、ますます重要になってくるでしょう。

Recent Posts

See All

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」「過去の成功体験が未来の失敗体験をつくる」という相反するように見える物事をつなぐ

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」という言葉は、いかに組織変革においてスモールウィン(小さな成功)が重要であるかを意味しています。なぜ人は行動できないのか。それは、行動すればスモールウィンを実感できる(かもしれない)という期待につながる成功体験を、これまで十分に積み重ねることができていないからだと考えることができます。誰しも、これまで成功したことがないことに挑戦するのは怖いと思うのが自然で

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。 どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個

© 2013 by Kazuhiro Sato