かまってちゃん対処法

ラーメン屋の行列をつくるためには、そもそもラーメンが美味しくなければなりません。その美味しいラーメンにあたるのが「スモールウィン(小さな成功)」です。理念やビジョンといったビッグワードの世界ではなく、身近で手触り感のあるメリット。このスモールウィンが空気を変えるための唯一の源泉です。

​かまってちゃんは変わらない

​​皆さんにとって一番頭の痛い相手であり、変わってもらいたいと思っている相手。それは当然ながら抵抗派でしょう。実際、組織に関するお困りごとを聞いてみると、そのほとんどが抵抗派に関する問題です。では、この肝心の抵抗派に対してはどうすればいいのでしょうか?

 

答えはシンプルです。抵抗派を変えようとするのはあきらめ、切り捨ててください。抵抗派は別名「かまってちゃん」と言います。かまってちゃんは、その名の通り承認欲求が最も強いスタッフです。なぜかというと、性弱説にもとづく「最も弱いスタッフ」であるから、他者の承認がないと自信がないからです。

​切り捨てるといっても、あくまでそれは戦略上の話です。業務上のコミュニケーションで本当にかまわなくなってしまったら、それこそちゃぶ台をひっくり返し、慎重派を萎縮させ、空気を白けさせてしまいます。そこで、かまってちゃん対象法として、表面上のコミュニケーションのアドバイスします。それは、「共感だけして、けっして説得はしないでください」です。なぜならば、抵抗派は現状満足の空気を求めるスタッフたちであり、別に変わるために説得されたいわけでない。あくまでも、かまってほしいだけだからです。したがって、実際のコミュニケーションでは、「なるほど〜」「そうなんだ〜」といったように、最低限の共感をしたあと、節約した時間はスモールウィンづくりのために、推進派に費やしていってください。

​ポジティブな空気で圧力をかける

​では、抵抗派になにも働きかけないのかというと、そうではありません。ここでのポイントは「急がば回れ」。つまり、地道に推進派と慎重派に健全な根回しをしながら、ポジティブな空気をつくりあげ、外堀を埋め、最後にそのポジティブな空気で圧力をかけるのです。

 

​​「あなた(たち)以外のスタッフは皆、これだけ問題解決に意欲的で盛り上がってる。こんなに皆で患者さんのためになることをやろうとしているのに、まさかそれに水を差すようなKYなことはしないですよね?」

そうすると、抵抗派も空気には抗えませんから、最低限順応するか、それが嫌ならばバス(医療機関)から降ります。ただ、これはけっして不幸なのではありません。現状満足で楽をしていたいのであれば、わざわざこんな大変なバスに乗っておく必要はありません。幸い、もっと楽できる他のバスはいくらでも走っています。ならば、これ以上不幸にならないために、次のバス停で降りてもらうことは、本人も含め、皆にとってハッピーなのです。ですので、ポジティブな空気がつくりあげられた結果、バスから降りる抵抗派は、ぜひ笑顔で見送ってください。

次のページは組織変革の10年の旅

© 2013 by Kazuhiro Sato