• 佐藤 和弘

物事の本質は「螺旋状の階段を一往復する」ことで理解できる

医療はトップダウンの戦略もボトムアップの実行も不全。だからまずは「トップダウンが大事だ!」となる。


だが、いくら綺麗な絵を描いても、実行できなければ絵に描いた餅で終わるから、今度は「ボトムアップが大事だ!」となる。


けれど、いくら現場スタッフが美味しい餅のつき方を頑張って学んでも、トップが本気でボトムアップしてもらう覚悟がなければ、誰もわざわざ餅なんかつくはずがない。だから結局はトップダウンが大事だ!」となる皮肉。


このように、物事の本質は「螺旋状の階段の一往復」を経て、本当の意味で理解する。螺旋状の階段を一往復しない「トップダウンが大事だ!」と一往復した「トップダウンが大事だ!」は、同じ言葉でも全く意味合いが異なる(立っている場所が異なる)。

Recent Posts

See All

「誰から学ぶのか?」から脱却するための自己紹介の定番のセリフ

講演で自己紹介を終える際に、定番と言ってもいいセリフがあります。それは、「僕が誰かというのは重要じゃなくて・・・」というセリフです。 たしかに、一般的に教育において、「誰から学ぶのか?」という視点は大事です。ただ、僕が提供しているノンテクニカルスキルの組織学習において大事なことは、あくまでも「誰と学ぶのか?」であり「何を学ぶのか?」であり「どのように学ぶのか?」です。 なぜならば、当然ながら現場の

組織の2:6:2の法則は個性のマネジメント

変革リーダーが自ら迷子にならないための羅針盤である組織の2:6:2の法則。僕はこれらを推進派、慎重派、抵抗派と呼んでいますが、このように分けると、ともすると善し悪しでとらえてしまうかもしれません。しかし、組織の2:6:2の法則は、善し悪しではなく、「人は本来弱い生き物である」という前提で使わなければ、リーダー自身が迷子にならないための羅針盤でありながら、その羅針盤を使うことによって迷子になってしま