• 佐藤 和弘

物事の本質は「螺旋状の階段を一往復する」ことで理解できる

医療はトップダウンの戦略もボトムアップの実行も不全。だからまずは「トップダウンが大事だ!」となる。


だが、いくら綺麗な絵を描いても、実行できなければ絵に描いた餅で終わるから、今度は「ボトムアップが大事だ!」となる。


けれど、いくら現場スタッフが美味しい餅のつき方を頑張って学んでも、トップが本気でボトムアップしてもらう覚悟がなければ、誰もわざわざ餅なんかつくはずがない。だから結局はトップダウンが大事だ!」となる皮肉。


このように、物事の本質は「螺旋状の階段の一往復」を経て、本当の意味で理解する。螺旋状の階段を一往復しない「トップダウンが大事だ!」と一往復した「トップダウンが大事だ!」は、同じ言葉でも全く意味合いが異なる(立っている場所が異なる)。

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験