top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

ノンテクニカルスキル×生成AI Day20〜ChatGPTが描いた複数の「あるべき姿」の違いを視覚的に理解するために〜

ChatGPTによって複数の「あるべき姿」を描くことが容易になったとして、次の悩みは、それらの「あるべき姿」のどれを選ぶかを考えることだと言えます。


その際、それぞれの「あるべき姿」の違いがわかりやすいようにChatGPTが表現して生成してくれれば、当事者や他のスタッフにとって選びやすくなるのではないかと思います。


このような観点から、ChatGPTが一例として生成した表形式での表現をご覧ください。


今回(Day20)の会話 ******************** 【佐藤】以前、「ある1つの『現状』に対して、『あるべき姿』は1つとは限らないということを前提にしておくことが大切」とお伝えしましたが、当事者(人間側)が入力した「目的」「現状」を基に、あなたが複数の「あるべき姿」を描いた場合、それぞれの「あるべき姿」がどう違うのかが当事者や他のスタッフにとって分かりやすいことは、どの「あるべき姿」を選択すべきかを決めるうえで重要になってくると考えています。

では、それぞれの「あるべき姿」がどう違うのかをどのように表現すれば良いかですが、1つの考え方は、より理想的な「あるべき姿」と、より現実的な「あるべき姿」という2つの視点の間のどこに位置するのかがわかるように表現することです。

例えば、あなたが「あるべき姿A」「あるべき姿B」「あるべき姿C」という3種類の「あるべき姿」に関する情報を生成したとします。その際、右に行くほど理想的で、左に行くほど現実的であることを示した図があり、より理想的なほうに「あるべき姿A」が、より現実的なほうに「あるべき姿B」が、そしてその中間に「あるべき姿C」が表示されている。このように表現すると、当事者や他のスタッフは、その図を見ながら「今回は、より理想的なところに位置している『あるべき姿A』を選びましょう」と言ったように、複数の「あるべき姿」から1つを選びやすいのではないかと思います。

では、あなたが複数の「あるべき姿」に関する情報を生成した際、あなたは、より理想的な「あるべき姿」と、より現実的な「あるべき姿」という2つの視点の間のどこに位置するのかがわかるように表現して出力することは可能でしょうか?

【ChatGPT】あなたが提案している方法は、AIが生成する「あるべき姿」の情報に対する理解と比較を容易にするための効果的な手段となり得ます。ただし、それは「あるべき姿」のそれぞれが「理想的」か「現実的」かといった観点で明示的に位置付けられている場合、あるいはそのような判断を可能にする情報が含まれている場合に限られます。 しかし、私(ChatGPT)の現在の形態では、そのような具体的な位置づけを自動的に行う能力はありません。その理由は、私が出力する情報が基本的に入力情報と訓練データに基づいて生成され、その過程において人間のような主観的な判断や評価を行う能力がないからです。このような事情により、「理想的」か「現実的」かという観点に基づく「あるべき姿」の位置づけを自動で行うことは難しいと考えられます。 しかし、一方で、ある「あるべき姿」が「理想的」か「現実的」かを判断する際の基準や考え方などを人間側から具体的に指定することで、私はそれに基づいた「あるべき姿」の情報を生成し、それらを比較することは可能です。具体的には、それぞれの「あるべき姿」に対する人間側の評価や視点をプロンプトとして与え、その結果を基に私が出力する情報を生成するという方法が考えられます。

【佐藤】では、あなたが生成した複数の「あるべき姿」に関する情報の違いを当事者や他のスタッフが理解するのに最適な表現方法を提案してください。

【ChatGPT】複数の「あるべき姿」の情報を理解する上での表現方法は、その情報が何に基づいて作られているのか、どのような視点を持つことで理解を深めることができるのかを示すことが有効です。 以下にその一例を示します。

1. 「あるべき姿」の基礎情報: 各「あるべき姿」が何を目指しているのか、どのような結果を生むことを想定しているのかを明記します。これには、目標の詳細、達成するための手段、それによって達成されることを含むことができます。 2. 視点・基準の説明: 各「あるべき姿」が特定の視点や基準に基づいて作られている場合、それを明記します。例えば、「あるべき姿A」は最大限の効率を重視したもの、「あるべき姿B」は患者の満足度を最優先したもの、などです。 3. 各「あるべき姿」の比較: 「あるべき姿」間の違いを明確にするために、それらを直接比較することも有用です。この比較は、各「あるべき姿」が目指す結果、使用する手段、視点・基準等を対比する形で行うことができます。 4. 利点と欠点: 各「あるべき姿」の強みと弱みを詳細に列挙することで、それぞれの選択肢が何をもたらすか、何を犠牲にする可能性があるかを明確にします。

以上のような表現方法を用いることで、「あるべき姿」の情報がどのように生成され、それぞれがどう異なるのかを理解するのに役立つと考えます。しかし、最終的な選択は当事者やスタッフの目的、現状の理解、そしてそれぞれの「あるべき姿」がもたらす可能性に基づいて決定されるべきです。

【佐藤】ご提示いただいた4つの例はそれぞれ具体的にどのようなものなのか、視覚的(ビジュアル)で表現してください。

【ChatGPT】私が直接視覚的な情報を生成する能力はありませんが、以下のような表形式やリスト形式で情報を整理することで視覚的に表現することが可能です。以下に一例を示します。 例えば、患者の自宅での自己管理能力を高めることを目指した場合、以下のような「あるべき姿」が考えられるでしょう。

* あるべき姿A: テクノロジーを用いた自己管理 * あるべき姿B: ヘルスケアプロフェッショナルによる定期訪問 * あるべき姿C: コミュニティベースのサポートグループ

これらを比較するために、以下のような表を作成することが考えられます。




Recent Posts

See All

群馬県病院局のノンテクニカルスキル新人編で講演しました

先日は、群馬県病院局(心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの県立4病院)のノンテクニカルスキル新人編での講演のため、群馬県庁へ。 メインセッションは、問題解決プランの作成と学び合い。 「本当の答えは現場にしかない」 つまり、現場の半径5メートルを知る人しか本当の答えを見つけることはできないので、当然ながら、ヨソ者(講師)は本当の答えを伝えることはできません。できるのは

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

Comments


bottom of page