top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

「知識を覚える」ことと「スキルを身につける」ことは同じではない


最近、講演の最初に「知識を覚える」ことと「スキルを身につける」ことは同じではないということをお伝えしています。


これらには、3つの視点の違いがあります。


①学び方の違い(前者は学習、後者は練習)

②時間軸の違い(前者に比べて、後者は時間がかかる)

③方向性の違い(前者は広げ、後者は絞る)


つまり、後者であれば、身につけるべきスキルを絞り、時間をかけて、練習を繰り返すということが求められます。これらの違いを押さえておかなければ、「あれもこれも学ぼうとするが、どれもこれも身につかない」といったことになりかねません。さらに言えば、「人は経験から学ぶ」のであれば、その繰り返しの練習は、現場での実践を通じて行うことが大切になります。


このように考えると、(特に単発の)研修の限界が見えてきます。つまり、研修では、知識を覚えることはできますが、スキルを身につけるということは、その構造上、どうしても難しい(限定的)と言わざるを得ません。


ここでキーワードになるのが、「現場の研修化」です。これは、現場での実践そのものを研修と位置づけるということを意味します。そして、現場の研修化を軸にすると、従来の研修の役割が変わります。それは、言わばあくまでも「ゼロ→イチの場」、つまり、新たな共通言語をつくるきっかけの場としての役割です。一方で、このゼロ→イチの場での学びの体験を経て、研修化された現場での実践を通じた学び(練習)という、言わば「イチ→ジュウの場」での学びをスタートすることになります。


もちろん、ゼロ→イチをつくらなければ、イチ→ジュウもるありません。なので、研修を通じた共通言語づくりのきっかけはとても大切です。ですが、人は忘れる生き物ですから、ゼロ→イチをつくっただけでは、また(ほぼ)ゼロに戻るかもしれませんし、他のイチに埋もれてしまうかもしれません。


だからこそ、イチはジュウに育てていくことを前提にすることによって組織全体に根づかせる、言い換えれば、あいさつのように当たり前に「使える」共通言語に醸成していくことが重要になるのです。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル39

【「日常の物事に例える力」 複雑な出来事をわかりやすく伝えるためには、日常の物事に例えてみる。普段から触れる機会の多い日常の物事は体感的に理解しているため、その体感的な理解を通じて、相手が複雑な出来事を理解しやすくなる。これは言わば、わかりやすく伝えるための「翻訳作業」。おすすめなのは以下の3つ。 ①「料理」に例えてみる (例)食材にあたるのが知識、調理の腕にあたるのが考える力 ②「乗り物」に例え

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

Comments


bottom of page