top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

「知識を覚える」ことと「スキルを身につける」ことは同じではない


最近、講演の最初に「知識を覚える」ことと「スキルを身につける」ことは同じではないということをお伝えしています。


これらには、3つの視点の違いがあります。


①学び方の違い(前者は学習、後者は練習)

②時間軸の違い(前者に比べて、後者は時間がかかる)

③方向性の違い(前者は広げ、後者は絞る)


つまり、後者であれば、身につけるべきスキルを絞り、時間をかけて、練習を繰り返すということが求められます。これらの違いを押さえておかなければ、「あれもこれも学ぼうとするが、どれもこれも身につかない」といったことになりかねません。さらに言えば、「人は経験から学ぶ」のであれば、その繰り返しの練習は、現場での実践を通じて行うことが大切になります。


このように考えると、(特に単発の)研修の限界が見えてきます。つまり、研修では、知識を覚えることはできますが、スキルを身につけるということは、その構造上、どうしても難しい(限定的)と言わざるを得ません。


ここでキーワードになるのが、「現場の研修化」です。これは、現場での実践そのものを研修と位置づけるということを意味します。そして、現場の研修化を軸にすると、従来の研修の役割が変わります。それは、言わばあくまでも「ゼロ→イチの場」、つまり、新たな共通言語をつくるきっかけの場としての役割です。一方で、このゼロ→イチの場での学びの体験を経て、研修化された現場での実践を通じた学び(練習)という、言わば「イチ→ジュウの場」での学びをスタートすることになります。


もちろん、ゼロ→イチをつくらなければ、イチ→ジュウもるありません。なので、研修を通じた共通言語づくりのきっかけはとても大切です。ですが、人は忘れる生き物ですから、ゼロ→イチをつくっただけでは、また(ほぼ)ゼロに戻るかもしれませんし、他のイチに埋もれてしまうかもしれません。


だからこそ、イチはジュウに育てていくことを前提にすることによって組織全体に根づかせる、言い換えれば、あいさつのように当たり前に「使える」共通言語に醸成していくことが重要になるのです。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル13

「知的好奇心の罠」 人が成長するうえで知的好奇心は大切。だが、「知らないことを知りたい」という好奇心があるがゆえに、「すでに知っていることには興味が湧かない」「もっと違うことを知りたい」といった意識につながり、その結果、知っていることが「できるようになる」ための反復練習がおざなりになると、あれもこれも学ぼうとするが、どれもこれも身につかない。医療者は、医療の世界のアスリートとして、学習環境だけでな

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル12

「不変的な共通軸を押さえる力」 新しい言葉(概念)は次々と登場するが、昔からある言葉を言い換えていると言えるものも少なくない。例えば、「理念」は組織全体の「目的」にあたるが、「存在意義」と訳される「パーパス」も、直訳すると「目的」。つまり、これらに対する不変的な共通軸は「目的」である。今後新しい言葉が出てきたとしても、流行り廃りに惑わされず、不変的な共通軸を押さえておくことが大切。

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル11

「空気の支配の恐ろしさ」 目に見えず手も触れられないが人に大きな影響力を与える「何か」、それが空気。空気は、「正しいことができない」「間違っていると分かっていてもやらざるを得ない」状況へと人を陥れてしまう、強大な力を持つ。ムラ(組織)の非公式の掟である空気は、時に公式の掟(制度やルール)よりも優先されてしまい、結果、誰も望まない方向へと全員で向かうことになる。

Comments


bottom of page