龍生園&鐘ヶ丘ホーム合同研修(ノンテク道場)Day7で講演

それぞれの施設から選ばれた各2チームが問題解決事例を紹介し、それをもとに外部参加者とともに振り返り教訓の引き出し。加えて、ヨソ者が元々持っている知恵と問題解決事例の内容を食材に、即興で調理し料理(教訓)を提供。これによって、たった2時間で膨大な量の教訓が引き出された。最後は...

鐘ヶ丘ホームリーダー・ネクストリーダー研修Day3で講演

裏の森(組織を動かすマネジメントの全体像)に足を踏み入れたDay1、表の森(人を動かすマネジメントの全体像)に足を踏み入れたDay2に続き、Day3では表の森の中に入り、その中で最も育てるのが難しい木について、枝葉まで見えるほど近づいて眺めていった。...

美里在宅支援事業所Day2で講演

今回は、即興で幹部と現場スタッフの方々との対話セッションを開催。即興だけに、ヨソ者が健全な無茶振りをしてくるのだが、それを双方が真剣に受け止めたことによって、両者が「自分の言葉」で対話をしていく、貴重な30分の場が形成。この30分には、何十時間分の価値がある。...

龍生園ノンテク研修リーダー研修Day13&幹部研修で講演

リーダー研修では、法人ビジョンを前提にして、それぞれの組織の「あるべき職員像」を具現化。よくありがちな「◯◯できる職員」といったように、概念レベルで洗い出して終わるのではなく、そこからそれを業務の場面での行動(映像)レベルに落とし込む。具現化といったのは、それを演技を通じて...

鐘ヶ丘ホームノンテク研修Day12で講演

今回も、単に問題解決の「伝える」発表ではなく、「伝わる」プレゼンを通じた「自部署自慢大会」を開催。さらに、ただ自部署自慢をするだけではなく、学びを共有してもらったお返しとして、他部署からのギフト(承認)の贈り合い。 それに対するヨソ者からのギフト(教訓)は、プレゼンテクニッ...

「問題解決するかしないか」を議論している組織と「どうやって問題解決していくか」を議論している組織

「問題解決するかしないか」を議論している組織と「どうやって問題解決していくか」を議論している組織。 前者がそうやって現状維持=衰退している間、後者は自分たちの未来を創り続ける。 気づいた時にはもはや埋められない歴然の差がつく。

考える力を養う際の大敵

考える力を養う際の大敵は、考えている「つもり」になっている自分自身。 「つもり」かどうかを知るためには、それは誰が言った言葉かを思い出してみる。 「◯◯先生が言ってた(書いてた)」言葉だと気づいたら、自分の言葉に置き換えてみる。